馬プラセンタと豚プラセンタの違いはどうなな?

 

馬プラセンタと豚プラセンタの違いは

 

胎盤の厚さ

 

に秘密があります。

 

 

具体的な違い

 

豚の出産では一年に2.5回、一回にだいたい10頭の赤ちゃんを産みます。

 

このため豚の胎盤は薄い膜のようになっています。

 

それにくらべて、馬は人間と同じく妊娠期間が長く11ヶ月で1頭の子供を生みます。

 

 

 

そのため、人間と同じく

 

 

胎盤が厚く、豚プラセンタには無い必須アミノ酸成分を6種類も含んでいる、濃いプラセンタであるのが特徴です。

 

 

アミノ酸は人間にとっても大事な栄養素となっています。

 

サラブレッドの馬プラセンタにアミノ酸が多く栄養素が濃いのも、うなずけるものとなっています。

 

 

 

余談なりますが、

 

 

北海道産のサラブレッドは通常体温が38℃〜40℃と高いので、豚や牛のように寄生虫が棲みにくい体の状態になっています。

 

 

このため、健康や衛生面でもすぐれたプラセンタが抽出できる要因にもなっています。